くせ毛を真っ直ぐにする縮毛矯正。   梅雨はいつの間にか明けてしまいましたが、夏にかけて需要が最も高まるハイシーズン。     その縮毛矯正の種類で、酸性縮毛矯正というものがあります。   通常の縮毛矯正はアルカリ性。   学生の時に酸性だとかアルカ続きを読む

ヘアカラーの色落ちについて。   どうしてもカラーをしてしばらく経つと色が抜けます。   これはヘアカラーの性質上仕方がないもの。     逆に色が抜けなければカラーチェンジするのが大変になりますけど。   その色抜けについて。   どのぐ続きを読む

ある年齢になると、髪のお悩みナンバーワンになるもの。   それは白髪。     本当に厄介。   とはいえ、白髪がなくなったら多数の美容室は困りますけどね。   その白髪に対するもので気を付けてほしいのは   「白髪が黒髪に戻る」というフレ続きを読む

髪のレスキュー。     美容室はそういった側面もあります。   前髪を自分でカットしたら失敗したなんてものは日常茶飯事。   そんなレスキューで難しいもののひとつがセルフカラーの失敗。   これを直すのは意外と難しいケースが多い。   思続きを読む

縮毛矯正の持ちについて。     縮毛矯正をしてどのぐらい持つのかという質問を受けることがあります。   基本的に縮毛矯正でまっすぐにした毛は半永久的に真っ直ぐ。   根元の地毛はどうしてもくせ毛が生えてきますが。   くせが戻る原因は主に3つ。 &続きを読む

縮毛矯正とブリーチを両方ってできるの?     くせ毛なのでストレートにしたいが、ブリーチを使った高明度のカラーもしたい。   結論から言うと不可能ではないです。   ただ、やはり相応のダメージは覚悟が必要。   日々のホームケアやアイロンでのスタイ続きを読む

パーマの時の中間水洗や中和。   お店によってはこの中間水洗や中和を行わないケースもあります。   時短やコスト削減もあるのでしょうが、個人的には中間水洗や中和は必須と考えます。     中間水洗や中和の目的を考えると、多少時間やコストがかかっても外すことはで続きを読む

セルフカラーの失敗。     数あるレスキューメニューの中で最も難しいもののひとつが、このセルフカラーのお直し。   明るくなりすぎた、暗くなりすぎたというのは何とかなります。   しかし色ムラや、カラーバターなどの残存色素があると難易度はぐんと上がる。 &n続きを読む

セルフカットのお直し。   やむを得ずセルフカットしてしまう経験は割と多くの人が持っているはず。     で、やっちまったなぁとなるわけです(笑)   その時は美容師にセルフカット失敗しました!と告げましょう。   基本的には優しい眼差しで修正してく続きを読む