癖毛を真っ直ぐにしたり、うねりを取ったりする縮毛矯正。   髪がうねうねしたり、ブワッと膨らんだりというお悩みを解決する素晴らしいメニュー。     この縮毛矯正した当日ってシャンプーしていいの?   先に結論を申しますと、シャンプーしても構いません。 &nb続きを読む

明るくなった髪色を暗くする髪色戻し。   やむを得ぬ事情で髪色戻しをしないといけない時もあります。   その暗くなった髪をまた明るくしたい。     美容室で染めた場合なら何とかなりますが、セルフの髪色戻し(黒染め)は非常に難しい場合が多い。   セ続きを読む

先日購入したスカルプブラシ。   uka scalp brush kenzan       使ってみたら調子が良い。   期待する効果は頭皮のマッサージ。   頭皮をマッサージすることで血流が良くなり、髪の毛にとって好影響はもちろんのこと頭続きを読む

新年になり落ち着きが出始める頃。   仕事や学校も本格的に始まり、春に向けて動き始めます。   そんな動きのひとつに   髪色を暗くしないといけない   という人が増え始める。   実習、就職活動、進学や就職に向けてといった様々な理由。  続きを読む

家で髪の色を染めるカラー剤、いわゆるホームカラーと呼ばれるもの。   ドラッグストアに行けば壁一面と言っていいぐらいの種類が売られています。     そこそこ安価で、家で出来るので利便性も高い。   美容師という立場からするとおすすめ出来ません。  続きを読む

くせ毛を真っ直ぐにする縮毛矯正。   美容室のメニューで最も難易度の高いもののひとつ。   なぜなら一歩間違えると、とんでもないハイダメージ毛になってしまいます。   薬剤の選択や塗布、アイロンワークなどかなり繊細な技術が必要とされる。   それなのに市販の縮続きを読む

昨日の続き。   カラーの退色を防ぐにはどうすれば良いか。   退色の原因はキングスライムがスライムになってしまい、髪の毛から出て行ってしまうため。(昨日の記事を参照してください)   そのカラーの色素をいかに壊さずにするかがポイント。   ドライヤーやアイロ続きを読む

ヘアカラーをして髪色も良い感じ。   しかし段々と色が抜けてしまう。   何でだろう?と思った人は多いでしょう。   ヘアカラーの仕組みから簡単に説明していきます。   髪の毛にカラー剤を塗るとアルカリというものにより、髪の毛に隙間ができます。   続きを読む

髪色を戻す、暗くする、そういうケースがあります。   例えば就活、実習前なんて時に明るい髪色ではいけませんからね。   その髪色を戻す時に大事なことが   将来的にまた明るくする可能性があるのかということ。   それによって   色抜けしないようにし続きを読む