電子書籍のすすめ

僕は漫画をよく読む。

 

以前は紙の本を買っていたが、今は完全に電子書籍派。

 

AmazonのKindleを初期の頃から利用している。

 

 

今まで買ったものがどのぐらいあるかなと思い調べてみると

 

何と1500冊!

 

金額にするとどエライことになるかもしれないけど、大半はセールで買ったものなので意外と安いはず。

 

紙の本で、これだけの冊数を本棚で所有するならば、おそらく床が抜けてしまうだろう(笑)

 

紙の本の良さはあるのはよく分かる。

 

しかし電子書籍を激しくお勧めしたい。

 

理由その1。

 

「置き場所に困らない」

 

 

昔は紙の漫画がどんどん増えていき、本棚に入り切らなくなってしまった。

 

本は売らない限り増え続けるので、本棚問題は解決することがない。

 

本棚をより大きいものにすれば良いのだけど、そうすると本棚の買い替えにお金がかかるし、大きくなった本棚は部屋を圧迫する。

 

電子書籍なら置き場所なんて概念はないのだ。

 

理由その2。

 

「セールがある」

 

 

紙の本を安く買うには古本という方法があるが、最近はブックオフのような古本屋も少なくなってきているし、品揃えもイマイチだったりする。

 

電子書籍はセールが多いので、驚くほど安く買えたり、ポイントバックの還元セールもある。

 

発売して間もない新刊がセール対象になったりする時もあるのは驚き。

 

他にも本屋へ買いに行く手間が省ける、電子書籍は発売日へ日付が変わった瞬間に買うことが可能なので最速で読める、などなど。

 

デメリットといえば、電子書籍は所有欲を満たしてくれない、紙の質感を楽しめない、といったあたりだろうか。

 

しかし電子書籍で読むならスマホやタブレットでは画面サイズが物足りない。

 

ぜひともパソコンのモニターで読んで欲しい。

 

 

我が家のパソコンはiMacの27インチなので大画面。

 

こんな見開きを使ったページは、スマホやタブレットでは1ページずつしか表示されないので魅力が半減してしまう。

 

もうこの環境に慣れてしまったら紙の漫画は小さくて読みづらい。

 

ほら、年齢と共に目のピントも悪くなってくるからねぇ(笑)

 

以上、電子書籍のすすめでした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です