遂に公開

遂に公開される。

 

劇場版鬼滅の刃 無限列車編

 

 

上映時間のスケジュールを見るとすごいことになっている。

 

まるで都会の電車の時刻表のよう。

 

コロナのせいで落ち込んだ映画業界への光となるでしょうね。

 

以前、僕の母親が映画へ行った時の話。

 

平日の午後、上映されてしばらく経った作品、コロナの影響、そういうものあったのだろう。

 

チケットを買った時は4、5席しか埋まっていない。

 

いざ中に入ってみるとまだ誰もいなく、そのまま映画が始まる。

 

結局誰も来ることもなく一人貸し切りの状態だったそうだ(笑)

 

まさにプライベートシアター。

 

一度は味わってみたいと羨ましがっていたら、一人の映画館は不気味と楽しめなかったとのこと。

 

そんな状態だと映画館の存続も危惧してしまうけど鬼滅の刃が巻き返してくれると期待。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です