カラーの退色を防ぐには(続き)

昨日の続き。

 

カラーの退色を防ぐにはどうすれば良いか。

 

退色の原因はキングスライムがスライムになってしまい、髪の毛から出て行ってしまうため。(昨日の記事を参照してください)

 

そのカラーの色素をいかに壊さずにするかがポイント。

 

ドライヤーやアイロンの熱、シャンプー、紫外線が主な原因。

 

単純に言えば

 

品質の良いドライヤーやアイロンを使う

 

洗浄力のマイルドなシャンプーを使う

 

紫外線をなるべく浴びないようにする

 

これらに気をつけることで退色をなるべく防ぐことができます。

 

ぜひやってみてください、ってだけでは不親切ですよねぇ。

 

美容室として出来ることはないか。

 

それは髪の毛の隙間を小さくしてあげること。

 

髪の毛を膨潤させるアルカリ剤を中和するのは当然。(やってないサロンも多いですが)

 

当店はさらにこの髪の毛の隙間を小さくするために炭酸を使うことにしました!

 

 

縮毛矯正でも使う高濃度炭酸。

 

炭酸の役割のひとつが、髪の毛を収れんさせること。

 

要は髪の毛を引き締める。

 

すると髪の毛の隙間が小さくなり、入ってきた色素が出て行きにくくなります。

 

劇的な変化、例えば1ヶ月で退色するのを3ヶ月持たせてくれるというまではいきませんが、何だか持ちがいいなぐらいは可能だと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です