髪色を暗くする時の注意点

髪色を暗くする髪色戻し。

 

これには注意しなくてはなりません。

 

明るい髪色を暗くする場合、僕は次のことを確認します。

 

将来的にまた明るくする可能性があるか

 

 

これはものすごく重要。

 

それによって最適な髪色を暗くする方法が変わってきます。

 

色抜けやダメージでキンキンになったからといって、黒染めやそれに近いものを使ってしまうと大変。

 

その黒染め部分は明るいカラーを使うなどの少々のことでは明るくなりません。

 

なぜか。

 

地毛の黒色はメラニン色素

 

カラー剤の色素は人工染料

 

メラニン色素はカラー剤に入っている脱色剤で分解されて明るくなりますが、人工染料はそう簡単には分解してくれません。

 

 

濃い色素の人工染料を分解するには、ダメージ覚悟でブリーチをするしかないのです。(脱染剤というのもありますが)

 

なので髪色を暗くする時の注意点。

 

将来的に明るくする可能性がある場合、美容師さんに申告する

 

髪色を決める際の参考にしてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です