カラーの前にシャンプーする?しない?

髪色を変えるヘアカラー。

 

髪色が変わると気分も変わります。

 

 

美容室へ行くと、カラー前にシャンプーをするかしないかはお店によって様々。

 

当店は必ずと言っていいぐらいシャンプーします。

 

シャンプーしない派の意見として

 

頭皮が皮脂で守られるので刺激が少なくなるというのがありますが

 

頭皮に残った皮脂ぐらいでは頭皮の保護なんてほぼほぼ無意味。

 

ちょっと毛髪科学を知っていれば分かることです。

 

逆にシャンプーする派の意見で

 

髪の毛に汚れがついていると染まりが悪くなるというもの。

 

これも染まり具合は変わりません。

 

カラー剤は本当に良く考えて作られているので、そのぐらいで染まり具合が変わってしまうような不安定さではないです。

 

なぜ当店はシャンプーするのか。

 

その理由。

 

ウェットでカラー剤を塗る方が髪を扱いやすく、クシによる引っ掛かりなどの摩擦ダメージを軽減できるため

 

ドライだとクシで梳かす時に、引っ掛かりや摩擦による静電気のダメージがあります。

 

ウェットだと滑りが良くなる

 

それにウェットの方が色ムラが少ない

 

これらが一番大きいです。

 

ただ、ブリーチやハイトーンは、ウェットだと脱色が若干弱くなるので、その場合はドライで塗ります。

 

こういう事を理解して使い分けをしているのです。

 

お店によっては

 

シャンプーしない方が手間が少なくて済む

 

というちょっと手前よりな理由がありますが、これは頂けないですね(個人的感想)

 

ちゃんと髪のことを考えて欲しいものです。

 

カラー前のシャンプーについてでした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です