Facebookの小話

今やほとんどの人が何かしらやっているSNS。

 

周りはInstagramやTwitter、LINEが主流。

 

一昔前はmixiというSNSが絶頂期だった。

 

 

今の若い人はmixiを知らない人も多い。

 

10年後には、高校生ぐらいのお客さんに

 

「なぁ、インスタって知ってる?」

 

と聞いて

 

「何ですかそれ。」

 

と返される日が来るかもしれない…。

 

そして世界的なシェアではナンバーワンのFacebook。

 

 

僕は登録しているものの、ほとんどやらなくなってしまった。

 

そんなFacebookの小話を。

 

もう何年前ぐらいになるだろうか。

 

まだFacebookもそれほど日本で展開されていない頃。

 

当時の同僚(20代男)がFacebookをやっていて、ある日こんなことを言ってきた。

 

「かわいい女の人から友達申請のリクエストがありました。(ニヤニヤ)」

 

「知り合い?」と聞くと、全然知らない人だそう。

 

「それ、おそらく出会い系の誘導とかの詐欺だから気をつけなよ。」と忠告したところ

 

「いや、そんな事はないです。」とまるで信じてくれない。

 

その後しばらくして彼は退職してしまったが、元気にしているだろうか。

 

出会い系にハマり込んで騙されてないことを願う。

 

ネットリテラシーが低いと危険な時代ですねぇ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です