「髪をすく」と「毛量調整」は似て全く異なります

カットの時に多いリクエスト。

 

それは量を減らしてくださいというもの。

 

大多数の人が美容室で言ったことがあるはず。

 

日本人の毛質は太くて硬くそして量が多い。

 

量が多いと重たくて扱いにくいし、ドライヤーで乾かすのにも時間がかかります。

 

僕がカットでこだわっているもののひとつはこの毛量調整。

 

「髪をすく」と「毛量調整」は似て全く異なります。

 

髪を乱暴にすいちゃうとどうなるか。

 

僕は髪のリバウンドと呼びますが、1ヶ月半もすれば何だか余計に膨らんできます。

 

クセのある人なんかは余計にクセが強くなったりしちゃいますからね。

 

今日はカットのお客さんをご紹介。

 

まずはBefore

 

 

長さはキープしたいが毛量が気になるとのこと。

 

毛先のガタガタしたのをちょっと整えて、収まりが良くなるように毛量調整。

 

仕上がりです。

 

 

 

まだ無作為に入ったすきバサミの跡がありますが、かなり収まりは良くなるように毛量調整しております。

 

すきバサミでザグザグとすいちゃうとその時は軽くなっていいのですが、後が本当に大変なことになるのです。

 

今日はそんな髪の量の減らし方は大事なんだよっていうお話でした。

 

また明日。

 

香川県丸亀市にある美容室HEART FULL(ハートフル)
OPEN 9:00~19:00
定休日なし(月曜も営業)不定休有

tel:0877581710

http://heartfull.biz

 

スタッフ募集中!

詳しくはこちら

 

LINE@でもご予約承ります。
ご相談やご質問もどうぞ。
Add Friend

ご予約はお電話か↓のウェブ予約でお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください