トーンダウン、髪色戻しはやり方を間違えると後々が大変

お盆です。

 

ということは8月も約半分が経過。

 

時が経つのは早いものですね。

 

夏の終わりにかけて需要が高まるのが髪色のトーンダウン。

 

夏に明るくした髪を秋に向けて暗めにしたり、お仕事や学校の都合で髪色を落ち着かせないといけないケースが増えます。

 

ここで注意して頂きたいのがセルフカラーでのトーンダウン。

 

激しく色むらになると修正するのがとんでもなく難しくなります。

 

あと将来的に再度髪を明るくしたくなった時に、セルフカラーの部分が明るくならなかったり、色が濁ったりするのです。

 

今日はそんなトーンダウンに来てくれたお客さんをご紹介。

 

Beforeがないので前回の仕上がりがこちら。

 

 

トーンダウンする場合、何パターンかを提案させて頂きます。

 

退色をなるべく防ぎたいのか、将来的に明るくすることを考えるのかなどなど。

 

それによってトーンダウンのやり方も変わってきます。

 

今回は真っ黒にはしたくない、将来的には明るくする予定ということを踏まえてのトーンダウンです。

 

仕上がり。

 

 

 

黒染めならぬ暗染めとでも申しましょうか。

 

真っ黒なじゃないちょっと明るい地毛風。

 

トーンダウン、髪色戻しはやり方を間違えると後々が大変になりますのでご注意ください。

 

今日はここまで。また明日。

 

香川県丸亀市にある美容室HEART FULL(ハートフル)
OPEN 9:00~19:00
定休日なし(月曜も営業)不定休有

tel:0877581710

http://heartfull.biz

 

スタッフ募集中!

詳しくはこちら

 

LINE@でもご予約承ります。
ご相談やご質問もどうぞ。
Add Friend

ご予約はお電話か↓のウェブ予約でお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です