2017/07/28

縮毛矯正で難しいケースとは

暑いですね。

 

今年は気温より湿度の方が厄介な気がします。

 

例年であれば需要がピークアウトする縮毛矯正もまだまだ大人気。

 

そんな縮毛矯正。

 

伸ばすのが難しいケースはどういったものがあるでしょうか。

 

ブリーチやハイトーンカラーでハイダメージ毛

 

ホームカラーでダメージむらがある

 

こういった状態は確かに難しいのですが、個人的に難しいと思うのは

 

すきバサミでがっつりすかれた状態

 

すかれて短くなった毛がつかみにくいし、そのすかれた毛先部分が多いとアイロンが入れにくいのです。

 

今日は縮毛矯正のお客さんをご紹介。

 

仕上がりがこちら。

 

 

 

クセは強くないので比較的やりやすい毛質なのですが、かなりすかれていてところどころに穴がある状態。

 

なかなか大変でしたがキレイに収まりました。

 

毛量調整ってすごく重要。

 

この毛量調整次第で1、2ヶ月後の状態が決まると言っても過言ではありません。

 

すきバサミでがしがしすくと、その時は量が軽くなって良いのですが1ヶ月もすると余計に膨らんだりしますからね。

 

今日はここまで。また明日。

 

香川県丸亀市にある美容室HEART FULL(ハートフル)
OPEN 9:00~19:00
定休日なし(月曜も営業)不定休有

tel:0877581710

http://heartfull.biz

 

スタッフ募集中!

詳しくはこちら

 

LINE@でもご予約承ります。
ご相談やご質問もどうぞ。
Add Friend

ご予約はお電話か↓のウェブ予約でお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です