2017/07/26

髪が肩についてはねる時は豊臣秀吉作戦!

かの豊臣秀吉公はこう言ったそうです。

 

鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス

 

百姓の出から天下人まで登りつめることができたのも、この工夫の力でしょう。

 

さて現代に戻ります。

 

髪を伸ばしていく上で一番大きな壁になるのが、肩につく長さになった時。

 

毛先が肩に乗っかってはねちゃうのです。

 

この時にどうするか。

 

僕が提案するのは三武将パターン。

 

織田信長風にいうと、はねるなら切ってしまえホトトギス

 

肩につかないぐらいにカットしてしまう方法。

 

徳川家康風なら、はねるなら伸びるまで待とうホトトギス

 

はねるのを我慢して待って髪が肩下まで伸びて収まるのを待つ方法。

 

豊臣秀吉風なら、はねるならはねさせてみせようホトトギス

 

パーマで毛先を動かしてしまえばはねるのが気にならなくなるという方法。

 

今日はそんな豊臣秀吉作戦のお客さんをご紹介。

 

髪が伸びてきて肩ではねるのが気になるとのこと。

 

パーマをかけて毛先に動きをつけます。

 

仕上がり。

 

 

 

もともとは直毛。

 

そして人生初パーマです。

 

これで肩についてはねるのも気にならないし、髪をくくった時に毛先が動くので柔らかく可愛らしい雰囲気になります。

 

直毛でくくると、毛先が魔女の宅急便に出てくるほうき代わりに使ったデッキブラシみたいになりますからね。

 

今日はここまで。また明日。

 

香川県丸亀市にある美容室HEART FULL(ハートフル)
OPEN 9:00~19:00
定休日なし(月曜も営業)不定休有

tel:0877581710

http://heartfull.biz

 

スタッフ募集中!

詳しくはこちら

 

LINE@でもご予約承ります。
ご相談やご質問もどうぞ。
Add Friend

ご予約はお電話か↓のウェブ予約でお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です