どうしたら寝ている時の摩擦から髪を守れるの?

今日は昨日の

 

 

続きで、どうしたら寝ている時の摩擦から髪を守れるの?について。

 

髪を摩擦という物理的ダメージから守る一番の方法は、摩擦が起きないようにする。

 

髪をお団子にしたり、ナイトキャップを被るのも有効。

 

 

ただこれらの方法はデメリットが大きい。

 

お団子だと結わえぐせがついたりするし、ナイトキャップは今の時期暑くて寝れません。

 

摩擦によるキューティクルの剥がれを防ぐには、キューティクルを摩擦に強い状態にすれば良いのです。

 

キューティクルが摩擦に強い状態はどんなのかというと、キューティクルが引き締まった状態。

 

 

髪を洗って自分で適当に乾かしただけではキューティクルは浮き上がった感じになっています。

 

(イメージ図)

 

美容師さんがブローするようにうまくドライヤーの熱と風を使い、キューティクルを寝かしつける事ができれば良いのですが一般の人にはなかなか難しい技術。

 

そこでおすすめの方法を。

 

髪を乾かした後、ストレートアイロンで髪の表面をなめすようにスルーする。

 

 

注意点は温度設定を100〜120℃で髪が完全に乾いた状態ですること。

 

温度が高いと熱ダメージが心配だし、水分が残った状態でアイロンを当てるとジュッとなり髪が傷みます。

 

アイロンプレートによる物理的な力と熱の力によりキューティクルを寝かしつける事ができるのです。

 

アイロンが面倒くさい人にはクレイツのブラスティーが楽なのでおすすめ。(類似品に注意)

 

 

アイロンの代わりにこれで髪を梳かしつければキューティクルを寝かしつける効果があります。

 

ぜひ今日からやってみてください。

 

香川県丸亀市にある美容室HEART FULL(ハートフル)
OPEN 9:00~19:00
定休日なし(月曜も営業)不定休有

tel:0877581710

http://heartfull.biz

 

スタッフ募集中!

詳しくはこちら

 

LINE@でもご予約承ります。
ご相談やご質問もどうぞ。
Add Friend

ご予約はお電話か↓のウェブ予約でお願いします。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です