2017/03/31

○ンキで買った安物のアイロンを使っているとこうなった

髪を傷める原因のひとつが熱。

 

日々のスタイリングでその熱を利用しているものが、カールアイロンやストレートアイロン。

 

この使い方を誤ると髪を相当傷めてしまう原因になってしまいます。

 

アイロンを使う際での注意点。

 

①高温で使用しない

 

カールアイロンなら150℃、ストレートなら160℃を最大温度の目安にしてください。

 

それ以上の温度になると髪への負担が大きくなりすぎます。

 

②濡れた髪にアイロンを当てない

 

水分が残った状態でアイロンを当てると、ジュッと水蒸気爆発を起こし髪が傷んでしまいます。

 

アイロン用のスタイリング剤を使った時も、塗布後しっかりと乾かすこと。

 

③安物のアイロンを使わない

 

アイロンは安いものなら数千円で売ってます。

 

でも今の時代、ほとんどのものが値段相応のクオリティ。

 

安いアイロンは熱の入り具合、温度の安定性、プレートの品質が本当に悪い。

 

アイロンは長く使えるものなので、どうせ買うなら良いものを買って下さい。

 

今日は僕の友達がカットに来てくれたのでご紹介。

 

まずはBefore

 

 

あまりにも毛先が傷んでいるので切りたいとのこと。

 

状態を確認するとこれは熱によるダメージ。

 

髪がゴワゴワと硬くなる、枝毛が出来る、切れ毛がひどいとダメージの三冠王になってます。

 

毎日コテ巻きするそうなのですが、○ンキで買った安物のアイロンを使っているとこうなったそう。

 

毛先の傷んでどうしようもない部分はカットしてキレイにします。

 

仕上がり。

 

 

 

 

熱によるダメージで切れ毛もひどかったので、髪の伸びるスピードも遅く感じてたはず。

 

アイロンはそれなりに良いものを使いましょうね。

 

もしアイロンを買おうと思うなら先走って買わず、ぜひ美容師さんに相談してみてください。

 

予算や髪質に応じたものをセレクトいたしますので。

 

今日はここまで。また明日。

 

香川県丸亀市にある美容室HEART FULL(ハートフル)
OPEN 9:00~19:00
定休日なし(月曜も営業)不定休有

tel:0877581710

http://heartfull.biz

フリーランス美容師募集中!

詳しくはこちら

LINE@でもご予約承ります。
ご相談やご質問もどうぞ。
Add Friend

ご予約はお電話か↓のウェブ予約でお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です